忍者ブログ

そうだ僕らはアイドルだ。

Home > ブログ > 記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

掲載情報

今までに紹介してもらったサイト等を一旦まとめてみました。
ちゃんと探してみたらたくさんあった・・・ありがたやありがたや。
一応下から時系列です。
他にも乗っているものを見つけた方是非コメントかメールフォームから教えてください。

bloodyloud!

WALL TO WATCH

アルファルファ モザイク

オレ的ゲーム速報@刃

暇人速報

まとめたニュース

ラビット速報

Mail Online 

G1

Junk Culture

ICANHASCHEEZBURGER

Izismile

COOKING IDEAS

THE MARY SUE

Pinterest

curiosidades de la vida

Aerius.com

GEEKOLOGIE

Who killed bambi?

Oddity Central

WIKITREE

designboom

TREND HUNTER

excite ニュース

ニコニコニュース

yahooニュース

APPGIGA

ねとらぼ

togetter

NAVER まとめ

拍手[1回]

PR

ひとりごと

ツイッターに慣れてしまってからめっきり長い文章を書く機会が減ってしまった。

日常の些末な考えを、気軽に残しておこうとはじめたツイッター
でもツイッターに残す言葉はすぐに消えてしまうので、高校以来だがブログを再開してみようと思う
高校のときのブログは人のために書いていた。
人を笑わせたくて。だから今度はもう少し、自分に向かったブログにしたい。

私は中学生の頃からブログをやっていて、それはそれは頭の悪い内容だったけれど
それでもほぼ毎日小論文程度の記事を書いていた。
多くは今読み返しても恥ずかしくて顔を覆ってしまうような内容で、でもしっかりと
当時の私の考えや日常がそのままそこには残っている。


例えば小さいころ、私は自分にできない事などないと思っていた。

人間はすごい生き物で、私が望めば何かがどうにか働いて
自分の望むことがすべて叶うのだと、本当に思っていた。

実際小さい頃の望みはある程度かなったし、
私の両親は私を良く甘やかしたので、無理も粘れば通じた。

本当にその幻想が壊れたのは小学生のとき、漢字検定か何かを受けたときだった。
私は姉が秀才だったので、姉がその年のときに受かった検定を私も当然のように受けた。そして、落ちた。

そのときに私はわんわん泣きながら「何か方法があるはずだ」と考えをめぐらせた。
採点ミスをでっち上げて交渉し合格させてもらう、とか
賄賂を贈るとか(小学生にしては割とえげつない考えの数々だった)
しかし検定の注意事項の
「試験後の採点に関するご意見や質問は一切受けません」
の文を読んでやっと分かった。


私はもうこの検定に受かる事はできない。


姉が私と同い年のときに受かった検定だけど私は受かることが出来ない。

もう姉より私の頭の出来が良くないことが確定してしまった。
ものすごい絶望感だった。



「世界にはどうしようもないことがある」



私はそれをこのとき初めて、骨の髄まで理解した。

何がいいたいかと言うと、私たちの考えなんてくだらないと言う事である。
十数年、数十年程度しか生きていない私に、何かが分かっているはずないのだ
例えば今私が大真面目考えていることだって、あと何年かしたら鼻で笑うのだろう。

でも、そうやってそもそも変わるのだから考える必要は無い、というわけにはいかない。

自分なりに考えて考えて考えたから、新しい考えを手に入れられるのだ。

私はまだ19歳で、馬鹿である。
何も世間に物申せる事など持ち合わせていないし、何の正解もわからない。

だからせめて、考えたい。
自分なりに考えて、どうにか答えを出したい。
今までの価値観にとらわれず最初から全部考え直したい。
毎回毎回自分の脳みそを更新したい。
わからないけれど、ちゃんと毎回更新していけば、
いつか自分の納得できる考えに出会えるかもしれない。と思う。

そういう一環で、このブログにぽろぽろ記事を書いていこうと思う。
いつか読み返したときに「馬鹿だな私。何も分かっていない」と笑うために。

拍手[15回]

最先端

先日「お前ブログの更新はどうしたんだ」って言われて


「ぶろ・・・・ぐ・・・? ブ(サイクで) ロ(クでもない) グ(ズ)・・・・?」


って思うぐらいわすれてたけど、そうでしたね、ありましたね、ブログ。
四月のうららかな気候に流されてほんっと一回も思い出さなかったけど、あった。

まあ四月の間私が何してたかって言ったら、それはもうばっちり大学生してた。

サークルの?新歓で?ワンチャンで?ツーチャンで?
スリーチャンしてストライクで彼氏ゲット?みたいなね、イベントが




ない




あれー?って、思った。
あれー?って。

大学って、なんかわくわくドキドキいろんなイベント盛りだくさん!
みたいなかんじじゃないの、って。
キャンパスライフスタートと共に勢いで彼氏とか作って
若気至りきっちゃうところなんじゃないの、って。


ところがどっこい、ここ二日、父親以外の異性と言葉を交わしていません。


ワンチャンどころか言葉も交わさなかった。
衣服の一枚も脱がされなかった。
ノータッチ ノータッチ ノーッタッチの三振アウト。

四月中に私の衣服と髪を乱したのは、春の風だけだった。チョーです。

このあまりにもモテない要因は何だろう、って思って
私自分の胸に手を当ててよくよく考えてみた。
で、思い出したんだけど、私この前言われてた





「チョーさんって、脚太いね」







脚ってさ、わりかし下のほうについてるじゃん?
下っていうか、真下じゃん?

で、私ってばさ、割と前向きに生きちゃってるほうの人間なわけ。
前どころか、ちょいちょい上見て歩いてたりするわけ。涙がこぼれないように。
だからさ、見ないの。
下とか、涙こぼれちゃうから全然見ないの。

だからあんまり気にしてこなかった。
「脚君?いたっけ?うちのクラスにそんな子・・・あ!あの地味な眼鏡?」
ってぐらいの気にかけなさで生きてきた。

でもね、なんか気づかないうちに脚君、コンタクトにしてたっつーか
髪も急に今時風に切って染めちゃって眉毛も整えちゃってたっつーか
しかも眼鏡外したら目めっちゃつぶらだし話してみると話も面白かったっつーか


はっと気づいたときには既に、存在感すんごいあった (太った)


でね、もう無視とかぜんぜん出来ない感じになっちゃってたわけですよ脚。
街中歩いててショーウィンドウに大根二本映ってたと思ってたら私の脚だったわけですよ。

いや、私ね、脚の事とかほんとよくわからないんで
エキスパートの皆さんにご意見伺いたいんですけど

脚ってさ、もっと繊細でこそ美しいんじゃなかった?
なんかさ、例えられるとしたら、カモシカとかでさ、
形容詞も「しなやか」とかだったりするべきなんじゃなかったっけ?

それがあなた、大根。

大地の恵みをガンガン受けてたくましく育っちゃった。




でもね、私聞きたい

オメーそれ、どこ基準?

繊細なほうがいいとか、私の脚が太いとかってそれ、どこ基準なわけ?

いやあれじゃないですか、
そもそもすべては比較あってこそのスタンダードなわけじゃないですか

私より足の細い女を沢山見たら、私の脚は太く感じるわけで
私より足の太い女を沢山見たら、私の脚は細く感じるわけで



つまり、私の脚が太いんじゃなくて、お前の基準が細すぎんでしょ?って。



一昔前はぽっちゃり体型がモテてたわけ
その前なんてお歯黒がモテてたりしたわけ

そう世の中の基準なんて時代によって変わっちゃうわけ
そんなぐらぐらした基準なんかにしがみついてられっかって話ですよ


で、私。


考えてみたらわかる、私の脚はすばらしい。



多分ね、皆うすうす感づいてはいると思うんだ
「大根みたいな脚って、いいなー」って。
ソコここで噂し始めてるとは思うんだ。多分。
巷とかで。「大根脚ヤベー!」って。

だってそもそも大根だよ?
煮たら激ウマだよ?
味めっちゃ染みてるよ?

かなりの安心感もある。ちょっとやそっとじゃ折れなさそうな太さ。
地震が来てもちゃんと耐震設計されてるような太さ。

やわらかさとかもね、すごい。ビーズクッション顔負け。
あのちっちゃいビーズクッションが1500円で売ってるんだから
私の太もも売りに出したらどんだけ売れんだよって話ですよ
ガッポガッポですよ。マジ値打ちモンですよ。

だからもうね、わかってんの。イイんでしょ?私の脚。
あんまり私の脚褒めないのってあれでしょ?

もう当然、みたいな。
あえて言う必要ない、みたいな。

わかってる。みんなの気持ち、すごい伝わってる。

「太い」とか言うのも、あれでしょ?
「太くてイイ」の略でしょ?
大丈夫、伝わってるから、すげー。イイの、わかっちゃってるから。

たしかにね、世でもてはやされてるのは細い脚ですよ
でもそれはほら、

時代が、追いついていないだけっつーか

私があまりにも先進的だから、時代追い越した素晴らしさ発揮しちゃってるっつーか
そーゆーことだからね
もう言ってしまえば私、時代を先どるファッションリーダーだからね。


だから、言わせてください




私の脚は素晴らしい
そう、悪いのは、時代

拍手[4回]

おめでた

今日はね、映画を見てきました。

「僕等がいた 前編」


なんつーかね、すごかった

もうね、すごい、いたよ、僕等が。

完全にいた。 これでもか!ってぐらいいた。
むしろね、いっぱいいた。画面を埋め尽くすぐらい一杯いた。
いないかな?って思っても、実際いた。物陰に隠れていた。

繁栄してた。僕等が。

そんでね、前編だった。
前か後ろか、って聞かれたら、そりゃあもう前だったね
その「前編」って言う言葉の響きがほのめかす「後編」の存在がね、
映画にいっそうの深みをもたせてたよね

あとはね、ネタバレになっちゃうんだけど

男 と 女 が出てきた(キャー!)

男と女って言ったらもうあれだからね、
ロマンスとかがんがんある感じだから
ほんともう、重厚な人間ドラマがね?繰り広げられましたよ。
なんたって、男と女は、人間だから!

もうね、ドキがムネムネの二時間でした!映画館で!








          見てないです








もうね、すいません。全然見てないです。
見たか見てないかで言ったら、見てないです。少しも。

映画館までは行ったんですけどね、意気揚々と。
春風に吹かれながら行ったんですけどね。

映画館がね、もう、満ちちゃってました。彼等で。
カッ●ルで。カップ●達で。
僕等がいた と言いたかったけど、完全にピンでした。私。私だけがいた。
走ってね、出ました。おうち帰りました。


まあね、そんな私もね、19歳になっちゃったわけですよ。
見事にピンで。家で。何のお祝いもなくね、なりました19歳。

ここ二日で一番やったことっつったら動物の森ですよ
小学生かっつーの!

私ももう19歳なんですよ。
19っつったらね、(ソフトドリンクとかを)飲んでべろべろになって
オールだ!!!とか言いながらはしゃいで意識とか失っちゃって、
起きたら布団で、隣には知らない男の人が・・・・とかね

全然おかしくない。
あっても全然おかしくない。

それが動物の森ですよ

どーでもいいんだよ!どの石叩くとお金が出るかなんて!
どーでもいいんだよ!つねきちの店に入るための合言葉なんて!
金の釣竿手に入れてる暇があったら町に出て男でも釣って来いよ!


それでね、父親に助け求めたわけ
肉親なわけだし、もしかしてプレゼントとかパーティーとか、
用意しちゃってくれてんじゃねーの!?って思いながらね、聞いたわけ

「お父さんそういえば私誕生日なの」

って
そしたらさ

「あれ?今いくつ?」


あーこれ、忘れてたねー!
完全に忘れてたよねー!
娘の誕生日、完全にフォアゴッテンだったねー!

って思ったらさ

「あ、じゃあこれ」

ってなんか白いものくれようとしてんの
なーんだよーって、私思った。
用意してんじゃんかー、って。
さっきのアレが演技だなんて、もーアカデミー賞あげちゃうぞー、って。

でも、手、見たらさ、ティッシュなわけ。


ティッシュ・・・?


でもね、まだ一縷の望みもってて。
ジュエリーィ的なもの包んでんじゃねえの?って望みもって
何それ?って、あたし、聞いたわけ。したら、ティッシュ開いて


「さっき捕まえたゴキブリ」





わ―――――――――――――――――!





ベートーベンの「運命」頭に鳴り響いたよね。
陸上選手に大抜擢されちゃうんじゃない?ってぐらいスタートダッシュで遠くに逃げたよね。

ゴキブリとかね、ほんともう、犬猿の仲なわけ 
犬猿のなかっつーか、でも向こうは割と私のこと好いてて
ほんと、私のいる家にまでちょいちょい来ちゃうあたりだいぶストーカーなわけ

接近禁止令とか、出せるもんなら出してほしい。法の下で裁いてほしい。

そいつがもう、目の前ですよ。
in front of 目

ていうかね?もう中身とかちょっと出てきちゃってる。
そんな深いところまで知りたくなかったっつーか
「私の中身をちゃんと知って!」とか、求めてねーっつーか

とりあえずね、お父さん叩きました。

そんで、ゴキ、トイレに流しました。

流れてくゴキ見ながら
「ま、誕生日忘れちゃった失態も水に流そう。このゴキブリみたいにさ。」

っていわれたのでもう一回叩きました
ゴキブリと共に水に流された誕生日。19歳になりました。

拍手[7回]

満を持してパジャマ

私この度満を持して大学生になるのですけれども、まんをじして ってエロいですよね。
                                            (女18歳)
____________________________________

浪人生活一年を経てとうとう大学生になる事が決まったりしましたので、はじめてみました。ブログ
いやほんとねー、満を持しちゃった。
一年持しちゃった。

芸大目指して一年多くがんばった末にムサビに着いちゃった。
あ、れ、そこー?そこだったっけー?
そこです。

まあね、これから色々書いたものやら作ったものやらやった事やらここに載せていくのでね、よろしくお願いします。

それはおいといてね、あのね、やる事がない。
なんつうかこの一年ずっと受験に生きてきたからね、終わったらもう何もする事が思いつかないんです。

今日に至っては、ずっとパジャマ
というか、昨日もパジャマ
もうね、EVERYDAYカチューシャ ならぬ、EVERYDAYパジャマ。
カチューシャみたいに部分的じゃないから。ガッツリ全身包んでるから。
このパジャマがさ、なんかあのオーバーサイズのおしゃれなやつだとか、男子悩殺系のパジャマならまだいいんだけど


スウェット


満を持した末の、スウェット。末ット。(着続けて二日目)
 
 


胸元に「MADE IN HAWAII」ってでっかいロゴ入ってるんだけど
タグには完全にmade in Chinaって書いてあるスウェット。
なんか、逆に清清しい。嘘にやりきりが感じられる。

しかも二日目だからね、なんか貫禄も出てる。
匂いとかももう、かぐわしいっつーか
秘伝のスープのごとく、私のダシ、しっかり吸ってる。味染みてる。

言ってみれば私このパジャマとはね、ずっと一緒に生きてきたわけですよ
それこそ今までのどの恋人よりも同じ布団で寝ちゃってるわけですよ
というか、毎晩絡み合っちゃってるわけですよ
そろそろね、結婚とか、考えちゃっても良いぐらいの付き合いなんですよ

もう、結婚しちゃう?

「お前を一生優しく包み込みたい」みたいなプロポーズ、されちゃう?

新婚旅行、「俺の故郷に行こう」とか言って、ハワイと見せかけて中国行っちゃう?


と、まあね、ざっとそんな一日でした。
こんな事考えながらパジャマでひざを抱えて、クリームシチュー飲んでました。

パジャマ結婚の話を父親にしたら
「ほんとに、疲れたもんな、受験・・・おつかれさま・・・・・」
とか、肩ぽんぽんされたけど、私は元気です。

これからもパジャマとともに頑張っていきます。
よろしく。

拍手[4回]

PAGE TOP