忍者ブログ

そうだ僕らはアイドルだ。

Home > ブログ > 記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

挟み撃ち系

世の中にはかわいいことを平然とやってのけられる女とそんなかわいいことや女らしい事をあえて避ける女がいます。
避けるどころかののしる場合もあったりします。
私は後者で、家事に凝るとか、ミニスカートをはくとか、恋愛に夢中になるとか、自分の容姿を磨くとか、
いつのまにかそういうものを恥ずかしいと思うようにいっつのまにかなってたんですよね
この可愛い女子と非可愛い女子は一体どこで分岐するんでしょうか、
そして可愛く、女らしくある事を一体なぜ恥ずかしく思うんでしょうか


昔からの持論だけど、二十歳とかになったときいわゆる「かわいい女」じゃなくて
「面白い女」だったり「女らしくない女」だったりする人は多分
女とか男とかモテるとかモテないとかを意識しだした年齢で、挫折を経験しているんじゃねーかなと思います

例えば鏡を見つめていてある日「あ、私不細工なんだ」と自覚する、そんな挫折をしちゃうわけです
化粧も知らずエステも行けない幼い女の子へのその自覚っっていうのはもー絶望に等しい
急に世界の中での自分の立ち位置(ブス)をね、見つけちゃうんです。


いやこれ、骨格からもう間違えてますやん、素材から腐ってますやん
神様がいるとしたら絶対私の事作るときテレビとかみながら適当に作ったでしょ、これ
佐々木のぞみ作るときはご飯も食べずに三日ぐらい熱中してたくせにさ
五分でしょ、わたしのこと五分くらいで作ったでしょ


っつーね
当時(多分中学1年生くらい)の私はその自覚をね、したわけです
それで思った訳です

「私、可愛い女というステージでは戦えない」

「顔じゃ勝負できないから、なにか他の路線にいかなきゃつまはじき者になって死ぬ」

悲しくも建設的な選択ですねこれ
こんな選択を12歳でしているなんて人生ってなんて過酷なんだ

まー私はそコレお調子者とか不思議系という方向を選んで
その方向でキャラを立たせて、顔が不出来な状態でも社会に適合できるようにしようとかね、考えた訳です。
実際に文章にしてみると本当に悲しい考えを持った中学生ですね辛い

まあ皆がみんなこんなプロセスを経たのかはわからないけれど
私の場合はこの挫折からの方向転換が今の女子力へのコンプレックスをね、生んだ気がします
要は


「顔が可愛くないくせに可愛い事なんて出来ない」


という気持ちが生まれたのです。
そしてその気持ちをひた隠しにして「可愛い系の性格じゃないだけです」という壁を作り上げて
そのキャラに徹していたら、もうすっかりそれが板についちゃったっつーね。
もう今じゃ特に何も考える事なく、恋愛に夢中になる可愛い女の子♡を見るだけで
反射のように鳥肌が立つ人間になりました。ワーイ!


女の子の事をやたらと「かわいいかわいい」と誉め称え
おじさんのような言動をする女子に疑問を覚えた人も多いと思うんですが

あれはきっとね、土俵をおりてるんです
戦う事をあきらめて、同じ「かわいい女子」というリングからおりて
「可愛い女子を評価する側」とかに徹して、比較されるのを避けてね、いるわけです


でも考えてみると可愛い事には何の非も無いんですよね
可愛いは正義、という言葉は本当にその通りだと思います
そして、可愛い子が可愛い事をするのがもちろん最強だけど、
可愛い事をするブスと可愛い事をしないブス
やはり後者の方が、よりブスなんですよ(死にたい)

まあ、一方でそういう女の子女の子していない女子というのは
ある一定の層(大体モテない、自分に自信が無い男子の皆様)に
需要があるようにも思うので、良いような気もしないでもないですが



しかし本当の敵は可愛い女子ではなくて
顔の出来がいいのにほんの少し可愛くない行動をする奴らなんです
可愛いのに発言がオッサンだったりする感じの。
違うんですよ、可愛いのに、じゃなくて、可愛いから何言っても許されるんですよ
彼らには余裕があるんですよもうぶん殴るぞ

「顔は良いのにこんなことをしちゃう私って個性的でしょ」とか、そういうね、
「可愛いだけじゃないんだ私」みたいなね

いやいや、待ってくださいよ
こちとら可愛い選択肢が無くてユニークさで売らせてもらってる訳ですよ
そこをあんた、両方マスターってどういう事っすか
男のハートを両方からはさみうちですか
逃げ場ないじゃないですか、完全ゲット出来ちゃうじゃないですか
商売上がったりですよ、激おこプンプン丸ですよ



結局可愛い女子にも非可愛い女子にも需要があるのでね、
どっちの女子もやり方次第で幸せになれると思う訳ですが
もう、最後にあげた挟み撃ち系女子はね、もうね、
営業妨害とかで、こーどうにか逮捕とかしていただけると大変助かります。

でもまあ年を重ねると可愛くなる方法はどんどん増えてくるので
いつか、打倒挟み撃ち系女子、してやりたい。
多分来世になるけど。

拍手[13回]

PR

膝の裏から変なにおいがする

ハー、あっつい、暑いっすよ、奥さん
いやちがうよ奥さんが暑い訳じゃ、あ、いや、アツいです。はい。
奥さん今私の中で最高にアツいです、むしろ奥さんの中がアツッ アッ




すいませんでした
暑さが脳に回ったせいで変なことを言いましたが許してください

いやでもね、暑いね?
暑いわ、もう、暑って漢字が既に暑い






めっちゃお日様照ってますやーん
我々のような下々の「者」の頭上にめっちゃ「日」照ってますやーん
さすがじゃーん、漢字、さすがじゃーん
名は体を表してるじゃーん(?)

や、もう、どうでもいいよ漢字の成り立ちとか!もう!
寒いのもいやだけど暑いのも嫌だよ!
中間にしろよ!
中間無いのかよ!




これだわ。
読み方は「あむい」だわ。
それか「さつい」だわ、いやそれ「殺意」ぽいからだめだわ、あむいだわ。




ほんとさ、こういう心底くだらない事考えて文章にしてるときに
どっかで男女がイチャイチャしてるんですね
愛を、ささやきささやかれちゃってるんですね

私が電気代節約しようと思ってクーラー切ってたら汗ダッラダラになって
ガンダーラならぬ汗(カン)ダーラだわこれはとか思って
汗ダーラ♪汗ダーラ♪って歌ってるときに
どっかの男女はもっと良い汗かいたりかかせたりしちゃってる訳ですよね

いやいいですよ、大いに良いです、素晴らしいです
愛にまみれていこう、世界

ただちょっと、おこぼれでも良いんで、私の方にも愛回してください、世界。頼む。

さあメンタルがへルスする前に寝ましょう。
おやすみなさい。

拍手[4回]

よかったとも〜!




と、ゆーわけで!
出演させていただいてきました。「いいとも!」
とても楽しい撮影でした。

今回描いたのはタモリさん。
こーんなかんじ。


うむうむ。
少しプロセスを紹介します



最初はイエローオーカー(黄土色っぽい絵の具)で軽くあたりを描いて
大きい部分をがんがん塗ります



それであとはどんどんかきこみます
遠くから見たり、写真を撮ってみたりすると目が落ち着いて冷静に描ける(気がする)



このモデルしてくださった方は朝五時半から
なんと6時間も立っていてくださったんですが

私もモデルさんも途中から疲れが限界点を突破して頭がおかしくなって
後半は
 
「ぱにゃにゃん!」
「ぱにゃにゃんだー!」
「ぱにゃにゃん!」
「ぱにゃにゃんだー!」

とずっと叫び合いながら描いていました
現場の空気気持ち悪くしてほんとすいません
ともあれ、間に合ってよかった。




タモリさんにも驚いてもらえて、指原さんにも触れて、嬉しいだけの収録でした。
出演者の皆さん、モデルさん、スタッフさん、見てくださった皆さん、ありがとうですぜ
最後にモデルしてくださった方々とぱしゃり。

おつかり〜

拍手[13回]

久しぶりに

久しぶりに更新します。
こんばんは
ムシムシしてやっと梅雨らしくなってきましたなあ
雨は嫌いなので一粒一粒殺したいです

最近は課題やら企画やら出演やら手を広げすぎてアップアップの毎日です。
(今現在もあした提出の課題が終わってないです死にます)



今日は今の自分について考えてみました(課題がやりたく無さすぎて)

今までたくさんの場所で紹介していただいて
たくさんの人とであって、続く縁も続かない縁もあったけれどいろいろなことを話して
やっとやっと自分のしたいことがすこーしだけ見えてきたような気がしています。

私は多分多くの人にとっては「ボディペイントの人」という印象で
間違いではないしそんな冠をいただけてありがたいことこの上ないけど
一生ボディペイントだけをきわめて行きたいわけじゃあないのよね、なんて思って、たりしまして。

でもボディペイント以外の私がすることに果たして誰が興味なんてもってくれるかな
なーんて悩んだりうじうじしたり最近はしているんです。


私のしたいことは多分
素敵なものを見たとき、感動したとき、心が動いたときのあの「ウワッ」っていう
あの首筋の毛が逆立つ感じを人にあたえられる人間になることだと思うのです。

Unusual(非日常)を日常に少しだけ混ぜ込むことで
ワクワクや感動をたくさんの人に感じさせたい、いやはや完全に自己満足ですが。


それで最近思うのが、ボディペイントをした時の人の反応が変わってきているのです。
ただ「すごい!」と言われることが多くなってきたなあと感じます。

一番最初私がまだ何も考えずに手に目を描いたとき、誰も私の作品なんて知らなかったとき
みんなの反応は「うわあああ!!キモい!!!!」の方が圧倒的に多かった。
多分、その反応の方が私は欲しいんです。

理性的にとらえられるより、もっと根底から揺さぶりたい。
揺さぶれるものを作り出したい。

一度もうこの手の作品を作るのはやめてしまおうかとも思ったけれど
でもやめるのは簡単です。いつだってやめられる。
なので、もし今の私の作るものが本当に人を揺さぶれなくなってしまっているのなら
もっと面白く作れば良いだけ。だなあと思いました。

続けるのが一番難しい、からなあ。続けてみようと思っています。
また「なんだこれは!!!!?!?!?!」って、言わせたい。



そういえばね、最近服を作る企画が動いています。
急に方向転換?って思われるかもしれないけれど、根っこの部分は全部同じ。

Unusualを日常に、がテーマ。
Unusual Art なんて、よんじゃいましょうか。

いやすいません、英語を多用したがって。
ベリーベリーソーリー。中2な心がうずいたんです。
英語にしといたら何となくかっこいいかなって思ったんです、すいませんでした。


とにかくね、これからもいろいろな形で、全力で面白いものを作って皆に提示したいと思うので
楽しみにしていてくださいな。

そいじゃー本当に本当に一人言、失礼しました。

拍手[6回]

掲載情報

メディア出演歴(覚え書き)

2012年

7/20 ザ・プライムショー
8/15 行列のできる法律相談所
9/22 ズームイン!サタデー
10/12 所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!
10/22 何だ君は!tv
10/23 トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン
10/24 今夜開催!本当に怖い 絶叫!リアル肝だめし (メイク担当)
10/31 スッキリ!「9時ッス!」
11/3 ズームイン!サタデー

拍手[41回]

PAGE TOP