忍者ブログ

そうだ僕らはアイドルだ。

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ひとりごと > 無題

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無題

感動ってなんだろねい

私は好きな映画のサントラを聞くだけで
泣いてしまったりする
差別が主題の物語なんて読んだ日には
10年はき続けてるスエットのゴムかよ
ってくらいに涙腺がゆるっゆるになる。
ダム崩壊、津波被害。


人って意外とすぐに感動してしまうのに、
なんでか自分の感動する気持ちを特別視している節があるよなぁ

特別視するだけならいいけれど、
そこを根拠にして人生を決めてしまったりもする

「子供の頃マジックをみて感動したのでマジシャンになろうと決めました」
なんて具合である。

そりゃあ感動するだろう
子供だもの、なんだって新鮮だろう。
結局タイミングの問題なんじゃないか
心がすっと素直だった瞬間に
偶然それを経験したってだけで
実際なんだってよかったんじゃないかと思う

偉そうなことを言っているが
私も例に漏れず絵画に、美しい絵を描く人に、人がこんな美しいものを生み出せるという可能性に、
小さい頃にうっかり感動してしまって
ここまで突っ走ってしまったのだけど。

話がぐちゃぐちゃですが
なんの話がしたいかっていうと
昔は感動したものの模倣をしていたけど
いつのまにか誰かを感動させたいって
思うようになってたなあという話で。

いつのまにか自己満足じゃだめになってたんだよな。
絵なんてアートなんて自己満足でしょと
皆さん思っているでしょうし
部分的にはその通りです。
でも他人からの評価を求めてしまうのだよね。結局。
自分が泣きたくなるほど綺麗な絵を描けるようになることより
その絵を誰かに見せて泣いてもらえるようになりたいと思ってしまう
いつのまにか感動させたい対象が
自分から他人に変わってしまった。



人って結局、一人じゃだめなんだろうな
パートナーが必要とか
そういう話ではなく、
人生はすこぶる長いので、
自分だけの満足を追求していたら
すぐ飽きてしまうんだろう
だから、誰かに何か影響したくなってしまうのだろうなと思う。

結婚って今じゃ制度的に疑問があるし
する必要性を感じない人もたくさんいると思うのだけど
結婚する理由は、愛とか運命とか生活とかじゃなくて、一面をクリアして二面にいくような、
次のステージにいくようなもんなんじゃないかな。
独身ステージのダンジョン全部回っちゃったし、
出てくる敵もアイテムももう全部見たことあるやつだけだな〜
ってなってしまったら、
結婚っていう別ステージにいきたくなるんじゃないかな

話が逸れたけれど、
だから、私は何か物が作りたくなってしまうし
自分が満足するものじゃなくて
誰かを感動させるものを、と思ってしまう

他人の評価なんて流動的で
何も確かじゃないのに
そこに自分の存在意義を見出してしまうんだよな。

人に教えてもらってすごく好きになった歌の歌詞に
「変わってくのはいつも風景」
という節があって
全くその通りだとおもう。
私自身の変化に合わせて周りが変わっていくわけではない
そんな明瞭なシステムじゃないのだ。

しかも感動なんて、
最初にいったように驚くほどすぐしちゃうもんだし
そこに価値を見出すのは
やっぱりアホらしいと思う。
開き直って自己満足ですって
言い切ってるほうがいい気もする。

でもそれに大きなやりがい感じちゃうんだよな
誰かを感動させること
誰かを楽しませること に
ひとりで生きるのはつくづく無理なんだなって
思うね。
少しくらい自分の感動や自己満を基準にしてあげないと
どこかでボロボロになってしまいそうだから
そこは気をつけなきゃだけど。
気をつけます。

ひとりごとおわり。

拍手[6回]

PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP