忍者ブログ

そうだ僕らはアイドルだ。

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ひとりごと > 挟み撃ち系

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

挟み撃ち系

世の中にはかわいいことを平然とやってのけられる女とそんなかわいいことや女らしい事をあえて避ける女がいます。
避けるどころかののしる場合もあったりします。
私は後者で、家事に凝るとか、ミニスカートをはくとか、恋愛に夢中になるとか、自分の容姿を磨くとか、
いつのまにかそういうものを恥ずかしいと思うようにいっつのまにかなってたんですよね
この可愛い女子と非可愛い女子は一体どこで分岐するんでしょうか、
そして可愛く、女らしくある事を一体なぜ恥ずかしく思うんでしょうか


昔からの持論だけど、二十歳とかになったときいわゆる「かわいい女」じゃなくて
「面白い女」だったり「女らしくない女」だったりする人は多分
女とか男とかモテるとかモテないとかを意識しだした年齢で、挫折を経験しているんじゃねーかなと思います

例えば鏡を見つめていてある日「あ、私不細工なんだ」と自覚する、そんな挫折をしちゃうわけです
化粧も知らずエステも行けない幼い女の子へのその自覚っっていうのはもー絶望に等しい
急に世界の中での自分の立ち位置(ブス)をね、見つけちゃうんです。


いやこれ、骨格からもう間違えてますやん、素材から腐ってますやん
神様がいるとしたら絶対私の事作るときテレビとかみながら適当に作ったでしょ、これ
佐々木のぞみ作るときはご飯も食べずに三日ぐらい熱中してたくせにさ
五分でしょ、わたしのこと五分くらいで作ったでしょ


っつーね
当時(多分中学1年生くらい)の私はその自覚をね、したわけです
それで思った訳です

「私、可愛い女というステージでは戦えない」

「顔じゃ勝負できないから、なにか他の路線にいかなきゃつまはじき者になって死ぬ」

悲しくも建設的な選択ですねこれ
こんな選択を12歳でしているなんて人生ってなんて過酷なんだ

まー私はそコレお調子者とか不思議系という方向を選んで
その方向でキャラを立たせて、顔が不出来な状態でも社会に適合できるようにしようとかね、考えた訳です。
実際に文章にしてみると本当に悲しい考えを持った中学生ですね辛い

まあ皆がみんなこんなプロセスを経たのかはわからないけれど
私の場合はこの挫折からの方向転換が今の女子力へのコンプレックスをね、生んだ気がします
要は


「顔が可愛くないくせに可愛い事なんて出来ない」


という気持ちが生まれたのです。
そしてその気持ちをひた隠しにして「可愛い系の性格じゃないだけです」という壁を作り上げて
そのキャラに徹していたら、もうすっかりそれが板についちゃったっつーね。
もう今じゃ特に何も考える事なく、恋愛に夢中になる可愛い女の子♡を見るだけで
反射のように鳥肌が立つ人間になりました。ワーイ!


女の子の事をやたらと「かわいいかわいい」と誉め称え
おじさんのような言動をする女子に疑問を覚えた人も多いと思うんですが

あれはきっとね、土俵をおりてるんです
戦う事をあきらめて、同じ「かわいい女子」というリングからおりて
「可愛い女子を評価する側」とかに徹して、比較されるのを避けてね、いるわけです


でも考えてみると可愛い事には何の非も無いんですよね
可愛いは正義、という言葉は本当にその通りだと思います
そして、可愛い子が可愛い事をするのがもちろん最強だけど、
可愛い事をするブスと可愛い事をしないブス
やはり後者の方が、よりブスなんですよ(死にたい)

まあ、一方でそういう女の子女の子していない女子というのは
ある一定の層(大体モテない、自分に自信が無い男子の皆様)に
需要があるようにも思うので、良いような気もしないでもないですが



しかし本当の敵は可愛い女子ではなくて
顔の出来がいいのにほんの少し可愛くない行動をする奴らなんです
可愛いのに発言がオッサンだったりする感じの。
違うんですよ、可愛いのに、じゃなくて、可愛いから何言っても許されるんですよ
彼らには余裕があるんですよもうぶん殴るぞ

「顔は良いのにこんなことをしちゃう私って個性的でしょ」とか、そういうね、
「可愛いだけじゃないんだ私」みたいなね

いやいや、待ってくださいよ
こちとら可愛い選択肢が無くてユニークさで売らせてもらってる訳ですよ
そこをあんた、両方マスターってどういう事っすか
男のハートを両方からはさみうちですか
逃げ場ないじゃないですか、完全ゲット出来ちゃうじゃないですか
商売上がったりですよ、激おこプンプン丸ですよ



結局可愛い女子にも非可愛い女子にも需要があるのでね、
どっちの女子もやり方次第で幸せになれると思う訳ですが
もう、最後にあげた挟み撃ち系女子はね、もうね、
営業妨害とかで、こーどうにか逮捕とかしていただけると大変助かります。

でもまあ年を重ねると可愛くなる方法はどんどん増えてくるので
いつか、打倒挟み撃ち系女子、してやりたい。
多分来世になるけど。

拍手[13回]

PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP