忍者ブログ

そうだ僕らはアイドルだ。

Home > ブログ

昔の自分もよかったよっていうひとりごと

過去の自分を振り返る誰かの記事を読んで
突然いろいろ考え出してしまったので
ここにダラダラ綴りますが

私はなんともめんどくさく人を馬鹿にしがちな人間だった。

中学高校の時は本当に「なぜ私以外の人はこんなにもバカなのか」と思っていたような気がする。「なぜこんなにも世界はつまらないものしかないのか」と思った。
CMを見ても映画を見ても漫画を読んでも人を見ても批判だけを探した。女優が、作画が、脚が…。そこだけ見ていたら世界は本当につまらなくてくだらなかった。

なんだってあんなに人の上に立とうとしていたのかなぁ、と考えてみたり人に話すと
中二病じゃない?という答えがすぐでてくる。若かったじゃない?とか。
でも、中二病なんて誰かが揶揄してつくった言葉で解決していいのかな。思春期が、ホルモンが、なんて、タイトルが与えられたから納得してしまうけれど、本当にそんな絶対的な他力でそうされていたのかな、それだけではない気がする。
例えば今の歳だと、生理前にイライラしたり人に当たったりしたら「生理前だからホルモンのせい」とか思ってしまうけど、本当だろうか。
本当に嫌な人間なのではないの?本当に生理前以外はいい人間なの?
生理前は、人を傷つけていいの?

私も女の一員で、ほんとに生理前はイライラしやすい、と実感的にわかっている。
でも、だからってそれが全てではないじゃないか。

私が中学高校の時は、「中二病」という言葉を知っていても「そんな大人がつけたタイトルだけで解釈できる状態じゃない」と思っていた。
21になって、忘れていたけれど
思春期 なんて言葉で、中二病なんて言葉で括っていい日々なんかじゃ無かったと思う。

「箸が転がっても笑う年頃」だった私は、本当に友達の一言一言に大笑いして、呼吸困難直前のようになっていた。友達が他の人と仲がいいのが許せなかった。毎日毎日遊んでも遊び尽きなかった。
思春期だからなんかじゃない、私の心はもっと開けていた。新鮮なことがたくさんあって、いつも感動があった。新しいものを探すエナジーがあった。
人を今よりもバカにしていたけれど、今よりも愛していた気がする。
毎日はつまらなかったけど、今と比べたらずっとずっと無駄を楽しんでいた。
わはは。ここまで書いて今気づいた。
私の中高時代、全然つまらなくないじゃないか。
中二病という言葉で昔のキラキラを忘れて今を肯定しようとしていたのかな。
昔の私とてもキラキラしてるじゃん。


高校でわたしは美術部に仮所属していたけれど、新しい絵を描き始めようとラフスケッチをした中に、広大なスペースに何千何万の宝箱のようなものが敷き詰められていて、どれを開ければいいのかわからない女の子が真ん中に立ち尽くしているというスケッチがあった。
私の周りはあまりにも可能性と希望に満ちていて、それが怖いとさえ思った。(今も少し思うけど)

男の人に好かれること、脚が細い事が、世の中で一番大切に思えた。

でも、今は持て余してしまう何もない休日を、笑って過ごすことができた。

いつからこんなにタイトルに頼るようになったのか。考えることも覚えていることも怠けてしまっている。
今の自分を肯定したいのかもしれないな、だって過去には帰れないわけだし。

この前、諸用あって昔の自分のツイートを遡ったら、
当時好きだった人との会話が残っていた。

もう、ほんと、顔面から火を噴くどころか
溶岩が湧き出て顔面ドロドロに溶けそうだったけど

超愛、溢れてたよ
趙だけに。
いやはや、好きだったな〜。

なんだかんだあり今はもうずっとずっと嫌いになってしまった
そうすると好きだったなんて感情が
あったことさえ忘れてしまうのだな。
というかなかったことにしたくなる。
だって、戻れませんし。

昔のキラキラを思い出すだけ辛いのかもしれない。
でも認めてあげたいな。
キラキラしてたんだし。
安い言葉だけど、かけがえのない時間だったわけで。
全力だったわけだし。
昔のいいところも見つめていこうと思いました。
突然のひとりごとでした。
おわり!

拍手[6回]

PR

百円の恋と千円の戦い

この前百円の恋という映画を友人Mと観に行きまして。

その日はもうめちゃめちゃに寒くて

待ち合わせの時に少し早く着いてしまったので
自販機で温かいコーヒーを買って飲みまして。
120円で買える幸せ、すごいよね。

そんでMちゃんがついてから
彼女がスタバでコーヒーを飲みたいなんていうから
つい私もトールのチャイティーラテを買いまして、
新宿の映画館に乗り込んだわけです

小さな映画館で
あったかいチャイ片手に
不思議な空気感の邦画

これが文化的で充実した休日じゃなかったら
いったい何が文化だよ、と。
思うよね?私も思った。

映画もね、いい感じで、もう
ヒロインの恋する相手を演じる新井さんが
なんとも良くて。
好きなタイプのクズで。

ストーリー的には
バイトや家族や恋やセックスすべてに
主人公がこれでもかってほどつまづいて
そこからボクシングを始めて
自分を見つけ出していく
的な話なんですけど

主人公(サクラ)が
ボクシングっていうものにたどり着いた時あたりで

私の文化が、
250mlのコーヒーとトールのチャイティーラテが、




私の膀胱に辿り着いちゃって




いやいや、まぁね
21年生きておいて
コーヒーの膀胱までのダッシュが
いかに早いかぐらい知ってたはずだった

でもさ、寒くて。
膀胱のこと忘れてた。

一刻もはやく、室内で座りたくて。
膀胱の意見、無視してた。
映画館のちょっと奥にあったトイレに対して
中二の女子グループのリーダー並みのガン無視を食らわせてた


スクリーンでは
サクラ、最初はパンチのフォームヘロヘロだったのに
どんどん早くて力強いパンチを
打つようになっていってて

私の文化(尿意)もね、
どんどんその姿を露わにして来てた。
力強くなってた。確実に。
『オヤ…?ボウコウ ノ ヨウス ガ…?▼』
ってナレーション入ってた
なんなら膀胱ピカピカ点滅して見えた
進化直前の雰囲気高まってた

でも負けるわけにいかねーと。
サクラが辛いトレーニングに耐えて
目標を見つけたお陰で
だらしなさが一転して、
ジョギングに朝から行くようになってる時に

サクラがこんな頑張って自分と戦ってる時に
私が簡単に自分の膀胱に負けていいのかと。

サクラの勇姿を見損ねて
トイレという敗北の地に逃げ込んでいいのかと。

ダメだ

逃げちゃダメだ

1000円(映画デーで安かった)と、
この映画を作ったすべての人のためにも
私の中でゴングが鳴った訳です




私、(尿意と)戦う!!!





もうその戦いの熾烈なことと言ったら。
いやもうね、長州も真っ青ですよ
なんたってね、映画館
音響が凄いんだよね

さすが。
やっぱり映画は映画館でみるのが一番
間違いない。
もう重低音が、響く響く
もう、音じゃなくて振動なわけ

サクラがサンドバッグをパンチするたびに
もうダイレクトに振動が届いちゃってるんだよね!
某KOUにね!
もう何のことならパンチされてるのはサンドバッグじゃなくて
私の膀胱なんじゃないの?って思ったよね
膀胱を暴行されちゃってんじゃないの?って

強敵だった。

もう何度もギブアップしようって、白旗を掲げようって思った
一瞬でサッとトイレいって帰ってくれば対して見逃さないかもって思った

でも、サクラの試合をそばでサポートするセコンドのようにね
私のそば(隣の席)のおじさん、
途中棄権絶対に許してくれなさそうな雰囲気だった

何度サクラが倒れても「立ち上がれ!」って励ますセコンドの二人みたいに
「映画の途中で絶対に立ち上がるな!」ってオーラがガンガンに出てた

だってもう映画に感動して、めっちゃ泣いてた
いまもし一瞬でも彼の視界をブロックしたら
もう逆にこいつに殺されると思ったよね

思い詰めすぎて一回



いやもういっそこの場でして全部椅子に染込ませようかな



って

一瞬ね?
一瞬だけね?

おもったよ?
しなかったけどね?
それは、反則だから

フェアプレーしか、したくないから
トイレは、トイレで
それが、ルールだから。

そしたら映画もどんどんクライマックスに近づいて来ちゃって
最後の見せ場の試合でサクラがノックダウンされそうになって

朦朧とする意識の中
リングの床をガンってパンチするんです

もうそのパンチが

もう

ここぞとばかりに


響いて(会場と、心と、膀胱に)



ここだ!
って思った

私の最後の戦いの見せ場はここだ!!!!
って
私の膀胱が雄叫びをあげてた


私もう全力で膀胱周辺の感覚を無にした

神経を集中させて
尿意を膀胱からどんどん引き上げて
お腹に、胸に、首に、頭に引き上げた

中国四千年のマジックでできると思った
自分を信じた


そうしたらね

私の目から


水が


ひと雫


流れ出たんです



いやまあね、
サクラの奮闘に自分の人生が重なって感動しただけかもしれないんだけどね??
感動し

でも思った
完全に私は思った



「出た!!!尿が目から!!!!!!」



尿、目に移動した!!!!
中国四千年!!!!!


勝った!!!!!!!!!!!!!!!!!!!








そしてそのすぐ後
エンディングロールになったので

即座に席を立ちトイレに行きました



いや、良い映画だった
いやー、良い映画だったわ。

拍手[6回]

ひゃっくり

さっっむい
さっっっっむいですよ

寒いと、
お〜さむ〜〜お〜さ〜む〜
って言ってしまって
いつのまにかオサム君を
呼んじゃってるみたいな感じになりますよね?
ね〜?やっぱりね〜 なるよね〜

なんかね、ひゃっくりがね、今止まらなくて
現在進行形でひゃっくりing right now でね
ヒャックリング FOREVER でね
これ、そろそろ死ぬんじゃないかなって
思ってるんだけど
いや、たかがひゃっくりと思うことなかれ
マジで死活問題だから
MAJIDE Live or die なわけ

私、自慢じゃないけど、
めっちゃめちゃ乗り物に酔うんです
車、バス、タクシー、電車、船、新幹線、ジェットコースター、
もうね、なんにでも酔う
今はまだましになった方で
車も一時間以内なら乗っても
グッタリするだけで済むんだけど
幼き日の私と言ったらそれはすごいですよ
乗り物酔いのチャンピオンですよ
乗車即GERO(ゲロ)なんて朝飯前だし、

一時期はもう、乗る前に吐いてた

今から乗るであろう車を見た瞬間に、既に吐いてた

地面に養分与えちゃってた
なんなら早吐きのチョーって呼ばれてた

そんな私がですよ
一定リズムで揺れる乗り物全てにもれなく酔ってきた私がですよ

今 この寒空の中
ひゃっくりといういわば体内の地震みたいなものにね
結構な長時間結構な震度で
揺さぶられ続けちゃっててね

酔わないわけがあるかっつーお話です

趙燁 21歳
今、生まれて初めて、ひゃっくりで酔ってます

1ひゃっくりごとに
寒さとゲロがね、ガンガンこみ上げちゃってる
娘が嫁に行く日の父親の涙かよってくらい
熱いものがね、胸にね、こみ上げてるね
これ、どうしたらいいのかね
気を紛らわせようと思って記事書き出したけど
ちっとも紛れなかったよね

もうね、出ても出なくても、
それはもう運命だわ
避けようのない赤い糸だわ
私の小指とゲロを赤い糸が結んでんだわ

この先は、読者の皆様(いるのか?)
の想像力に任せます

ゲロとちょーの物語は、まだ始まったばかり!!

拍手[4回]

無題

アプリをね、ダウンロードしました。
ブログの記事がスマホから書けちゃうやつね。
なので、記念に更新をしようかなと思いまして。


電車が好きです
鉄オタ的な要素は一切なく
西武線ってなんか黄色いよね?
という程度の認識ですが
そういうことじゃなく、電車に乗るのが好き。
特に私は普段あまり外出しないので
いろいろな人を見られるのが好き

目の前のオッサンの服装や表情で
その人の1日を想像したり
(気持ち悪い)

カップルの会話やいちゃつきを
注意深く観察してツイッターに書いたり
(気持ち悪い)

隣になった人を、
両思いだけど話すきっかけが掴めない運命のボーイ
と仮定して勝手にドギマギしたり
(気持ち悪すぎる)

楽しみ方いろいろなわけですよ。
しかも夏は涼しく冬は暖かく
座席も座り心地良いわけですよ

もう、なんなのか、天国なのか
地上のオアシスなんじゃないか、と

切符代みたいなはした金で
こんなところ公開していいのかよ、と

人間で言ったら、話も面白くて、気もきいて、親切で、
もう結婚してくれよと言わんばかりの勢いですよ。
顔だけがかわいい奴らとは大違いですよ。

しかも電車に乗ってると、
窓から射す光がものすごい綺麗な瞬間がありますよね
キラキラしてて、神秘的と思えるぐらいの。
なんか、普段は目立たない地味な子の、
ふとした笑顔がものっすごい可愛いみたいなね
恋に落ちる瞬間ですよ
顔がいいだけの人とは違うんですよ
顔がいい人々は、
どんな異性にもとりあえず好かれるだろうな私/僕は
みたいな自信が顔面から溢れ出ている場合が多々あって
もちろん私も綺麗な顔は好きなんですが
その自信を裏付けたくない故に
ものすごい失礼な態度とったりしますけどね

話が大幅に逸れました

顔がいい人といえば、電車に乗ってると
たまにものすっごい可愛い女子高生いませんか
地元では見たことないぐらい可愛い女子高生

やっぱり電車通学=私立?=良い家?=美意識高め?
なのかなぁと邪推したり。
しかも電車だから、すれ違うのとは違って
少なくとも一駅分は凝視できますし。
ミニスカートから惜しげも無く出された太ももに
心の中で万歳三唱です。
ありがとう
世の中に女の子の露出を推奨する
クソみたいな男の人々がたくさんいてくれてありがとう
太ももをありがとう

どうか太ももを見ることがセクハラに認定される日がきませんように。

まぁそんなわけで電車が好きです

いろんな知らない人と太ももに会えるのが好きです

せっかくアプリもいれたし
こういうなんの意味もない記事をたまにぽつぽつかいていこう

拍手[6回]

戦え女子

おはようございます

ブログはね、徹夜した朝にかくのが一番です。
間違いないですこれ。
まともな精神状態でかくブログなんてね、なーにが面白いんだって話ですよ。
だーれが読むんじゃ。

ま、とにもかくにも
彼氏が、できないね、と。

もうね最近その話題しか出ない訳ですよ。
彼氏が出来ないどころかめぼしい男子すら周りにいない訳ですよ。
彼氏がいないと何が困るって


女子会での話題がない訳ですよ。


そんなことかって?そんなことだよ!

いいですか、女子会は戦場なんです
少しでも自分が周りの女子より格上であることを示そうと
皆野生のゴリラみたいに闘志を剥き出しにしてるんです
そして思い思いのモテエピソードをこれでもかとぶつけ合うんです

「私は全然向こうの事好きじゃないのにアプローチがすごくて〜」

だの

「こんなプレゼント貰っちゃって〜」

だの

「ロマンチックな告白されちゃって〜しかも超イケメンで〜」

だの
湯水のようにねあふれてくるわけです。
実際のところ顔が残念な方がよりたくさんのモテアピールを
ばしゃっとかぶせてくるわけです。
それをねお互い「まあお前顔は残念だけどな」とか思いながら
「え〜めっちゃモテてるじゃんいいな〜」なんて褒め合うんですよ
冷戦です。女子会は冷戦なんです。

そこに彼氏もおらずモテてもいない私が参戦
どういう状態かってそれはもう戦場で丸腰スライディングしてるみたいなもんです
飛んでくる矢は全部刺さり
苦し紛れに繰り出した素手のパンチはずべて鎧に防がれる訳です

ちなみに苦し紛れパンチの例としては

「本当に好きだと思える人ができるまで待ちたい」



「ぱぴこ全部食べれてお得」

など様々ありますが
どれも一定の悲しさを帯びています。

しかも話の展開も全く出来ない訳です
彼氏持ち、もしくは絶賛片思い中の皆々様はもう
怒濤のごとく話が展開されるんですよ

「こういう事があって」「こういう喧嘩して」「こういう仲直りして」「幸せ」

だとかもう起承転結完璧な訳です

もしくは片思い中だと

「こういうところが好きで」「こんな事いわれて」「ついにこんな事してみたんだけど」

ともう、臨場感満載、迫力満点
いっそドラマです。女子会参加者一同連続ドラマを見ている気分です。
次の展開は!どうなっちゃうの!?
来週に乞うご期待!?
のやつです。
当然女子会では人気者、欠かせない存在です。

一方私に話がふられて出てくる異性の話は

「お父さんと買い物に行った」

ぐらいですよ。
一同「へー」で会話は終了です。
盛り上がらない女のレッテルベタ張りです
異性からの需要もなく同姓からの需要もないという最悪な状態です。

21歳女子、夏、それでいいのか
本格的に悩んでます


しかしながら、
この前ふたつ上の恋愛番長のような先輩(同姓中の彼氏アリ、結婚予定あり)と遊びにいった際
その話をして「彼氏欲しいです…」とつぶやいたら



ってマジのトーンでいわれ
その現実味を帯びた発言にもう震えが止まりませんでした
奥歯ガッタガタいわせました


・・・・・


・・・彼氏、いらないです
彼氏、全然いらないです


全然!

拍手[21回]

PAGE TOP